サッポロファクトリー > クチコミ探検隊 > ファッション > 雪山で活躍するスノーセイフティギア ☆

2016年11月24日

雪山で活躍するスノーセイフティギア ☆

こんにちは!
「クチコミ探検隊」CHAMEです♪

本格的なスノーシーズン到来に先駆けて……
バックカントリーで活躍する、雪山防災アイテムをご紹介したいと思います。

本日お邪魔したのは、2条館3F 『 MAMMUT STORE 札幌』 さんです (^o^)/

01.JPG
◆プロ プロテクション エアバッグ3.0/¥105,840(税込)

こちらは雪崩などに巻き込まれた時に使用するエアバッグです!
ビビットカラーのオレンジが、雪の中でも目立ちますね。

雪崩……きっと言葉では言い表せないほどの衝撃を受けることでしょう。
想像しただけでも恐ろしくなります。
そんな時、瞬時に大きく膨らむエアバッグが頭・首・胸周りをしっかり守ってくれます。

さて、こんなすごい機能の物をどう持ち歩くのか?と言いますと……。

02.JPG
普段は見た目お洒落な普通のザックなのです。
ただし、裏側を見てみますと……。

03.JPG
ザックを背負うベルト部分にご注目。
ジッパー内にエアバッグシステムを作動するためのハンドルが入っています。

雪山に入る際、ハンドルだけを外に出し、ジッパーを閉めてスタンバイします。
万が一、雪崩に巻き込まれた時にこのハンドルを引くと……。

04.JPG
ザック上部にある黄色のファスナー部分。
ここから、あの大きなエアバッグが飛び出す仕組みになっています。

とてもコンパクトで軽量なので、あんなに大きな物が出てくるなんて驚きです!

05.JPG
◆PULSE Barryvox/¥59,400(税込)

できれば出番が無いことを祈りますが……。
危険と隣り合わせの雪山では、備えをすることがとても大事。

こちらは遭難者の位置をすばやく特定できる、ハイテク雪崩ビーコンです。
遭難者が持っているビーコンの送信信号を検知して、遭難方向や人数を表示します。

辺り一面の銀世界の中、やみくもに遭難者を探すのは不可能です。
一分一秒でも早く救助を行う上で、とても重要な装備ですね。

06.JPG
◆カーボン プローブ 240 ファストロック/¥12,960(税込)

こちらは遭難者を捜索する際に使用するプローブ(ゾンデ)。
雪崩で誰かが埋まってしまった時、雪に刺して埋没場所を確定するための棒です。

収納時は45cmですが、ワイヤーで繋がった棒を組み立てると240cmもの長さになります。
目盛が付いているので、捜索だけでなく、積雪の深さを測ったりすることも出来ます。

07.JPG
◆アルゲーターライト/¥10,800(税込)

こちらは救助などの際に使用するショベル。
460gととても軽量ですが、堅い雪に対応する強度はバッチリです。

バックカントリーだけでなく、車に常備するにも良いサイズですね。
使用する時は、ハンドル部分をワンタッチでもう少し長くすることが可能です。


ゲレンデのように整備されていないバックカントリー。
大事なのは“常に危険と隣り合わせ”という意識を強く持ち、ルールを守った行動を取ること。

そして、どんなに注意を払っていても災害に見舞われてしまった時に……。
頼れる仲間と、頼れるスノーセイフティギアが重要になるんですね。

今回も、とても興味深い品を色々と見ることが出来ました!
気になる方は是非ショップに足を運んで、実物をチェックしてみて下さいね (^o^)/

お問い合わせ先:TEL/011-223-5900(MAMMUT STORE 札幌)
posted by 管理人 at 08:00 | Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。